アレグラ120mgと180mgの画像

アレグラでアレルギー性鼻炎を治す!

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

アレグラの購入方法

花粉症の治療薬として、アレグラはすっかり定着しています。
春の花粉症シーズンともなりますと、アレグラのおかげで多くの人がアレルギー症状から救済されるのです。
従来の治療薬の場合は、服用すると眠気が生じるという副作用があって、仕事で車の運転をすることができなかったケースもあったのです。
その点、アレグラであれば、眠気がでるという副作用がほとんどありませんので、安心して服用できるのです。
そういうメリットもあってアレグラは、医師からも患者からも重宝されているのです。
アレグラを入手するのは、医療機関で診察を受けて医師から処方してもらう方法と、一般薬局から直接購入する方法と二つあります。
それでは、医療機関で処方してもらうのと、市販薬を買うのとでは、どちらにメリットがあるのでしょうか。
一般的には、2週間の服用ということであれば、処方薬も市販薬も値段はほぼ一緒になります。
病院での受診が不要な分だけ、市販薬のほうが安いからです。
しかし、これはアレグラが市販された当時のことで、現在のように、安価なジェネリック医薬品が病院で処方してもらえるという時代であれば、病院で処方を受けたほうがはるかに安くなります。
とはいえ、長期服用なら処方薬のほうが得だというのは、あくまでも個人での話です。
処方薬の場合は本人は3割負担ですので、個人の出費は減りますが、公的負担は逆に増えるのです。
それは、結果的には、自分たちの健康保険料が上がったり、税金が増えたりすることにつながります。
花粉症は患者にとっては苦しい症状を呈しますので、何としても薬で抑えたいのは当然ですが、社会的全体での負担のことも考慮しながら購入する姿勢を忘れてはなりません。